宝石やパワーストーンは天然石と何が違うのか

TOP > 天然石のお得情報 > 宝石やパワーストーンは天然石と何が違うのか

宝石やパワーストーンは天然石と何が違うのか

そもそも天然石とは、自然の環境で生み出された鉱石などのことを指します。
ですので広い意味で言えば、自然の環境で生み出されたものであれば、道端に転がっている石ころも、高級な宝石も、すべて天然石ということになるでしょう。
しかし商業的な用語としては、高価な宝石ほどの価値はないものの、装飾として使えるような美しい石のことをそう呼ぶ場合が多いと言えます。
そして、いわゆるパワーストーンと同義の言葉として使われることも多いと言えるでしょう。
また天然石には、染色やコーティングなどの加工が施されたものや、通常の鉱石ではない真珠やサンゴといった生体鉱物が含まれる場合があります。
さらに天然石は、あくまでも自然に生み出されたことが条件になっているため、合成石や人造石といった人工的に作られたものは含まれないとされています。


天然石と宝石の違いは、先ほども紹介したように、広い意味で言えば、同じ天然の鉱石なので違いはないと言えます。
しかし、実際には希少価値の高さによって分けられているものだと言えるでしょう。
そもそも鉱石というのは、全体で4000種類ほどあると言われているのですが、その中でアクセサリーなどに使われる希少価値の高い鉱石は300種類ほどになります。
一般的(商業的)には、この300種類ほどの鉱石を「天然石」と呼んでおり、さらにその中でも特に希少価値の高い70種類ほどの鉱石が「宝石」と呼ばれているのです。
宝石の基準には、美しさや希少性、耐久性に関する規定があり、それをクリアしたものが宝石として認定されています。
しかしその基準は、マーケットや人によって異なる場合があるため、天然石と宝石をはっきりと分けることが難しい場合もあります。


天然石とパワーストーンは、多くの場合、同義語として使われていますし、宝石と比べれば手ごろな値段で手に入る石として知られています。
しかし天然石とパワーストーンは、厳密に言うと違いがあります。
パワーストーンというのは、文字通り、何らかのパワーが秘められている石という意味なので、ただキレイなだけの石とは違うのです。
よく言われているのは、パワーストーンというのは人の潜在意識や身体に働きかけるパワーがあるということであり、石や、それを持つ人によって感じ方も違うということです。
ですので、極端に言うと、いくらパワーストーンとして売られている石でも、本人がパワーを感じない石であれば、ただの天然石ということになるでしょう。
そのため、パワーストーンが欲しいという場合は、自分のフィーリングに合った石を選ぶことが重要になると言えます。

カテゴリー